TOP  
  物語  
  キャラ  
  システム  
  CG  
  グッズ  
  DL  
  企画  
  HOME  


           

あらすじ
 

問題を起こさず、平穏な高校生活を送ると決めたあの日から、

朝日は高校時代最後の夏を迎えていた……。



今朝見た占いの結果が良くなかったせいなのか、それとも単に運が悪かったのか、

朝日は突如、退学のピンチに立たされていた。

「俺がなにしたって言うんだ!!」

良く掃除のいきとどいた部屋。独特の雰囲気を醸し出している数人の生徒……。

朝日は、自分の置かれている状況に、いまだに納得がいかなかった。

「まったく見覚えがないと言いたいのか?」

眼鏡をかけた生徒の一人が呆れた様子で、

先ほどまで俺の手に握られていたタバコを差し出した。

「俺のじゃねぇーよ!!」

それは俺のじゃない。それだけは、胸を張って言える。

そう、確かあれは、数時間前……。

           

例年続く猛暑と、壊れてしまったエアコンのせいで、昨夜は熟睡することができなかった。

寝不足と、木陰の涼しさから、朝日はゆっくりと目を閉じた。少しだけ、ほんの少しだけ、寝るつもりで……。

「おい……。もう起きないとやばいんじゃないか?」

聞き覚えのない声に、俺はゆっくりと目を覚ます。

「あんた誰……って、やっべ!寝過ぎた!!」

時計に目を向けると、時刻は既に昼休みを過ぎている。

今から教室にいっても、完璧に授業中だ!

「慌てても仕方ないだろ」

そんなにマジメなお前なんて似合わない……

そいつの言い方は、どうも引っかかったが、今は誰だか知らない奴にかまってる暇なんてない。

           

俺はあの時、確かに教室に向かうつもりだった。

何故、そいつの差し出したタバコを素直に受け取ったのか?

「ちょっと持ってろ……」

とか言われて、いなくなったそいつに気が付かなかったのか……。

今更、悔やんでも悔やみきれない。

気付けば、目の前にいる『奴ら』に見つかったのは、タバコを手にした俺一人……。



           

copyright (c) 2005 羽根ロム